ソフトボール

長崎県某市のソフトボール好きによる感染結果のまとめサイト。野球じゃない!ソフトボールなんだ!!という訳でホームページで長崎県のソフトボール界の歴史をば綴らせていただきますYOっと。

ソフトボールとは

野球から派生した球技で、野球と基本形は同じだがグラウンドサイズ、使用球などルールが幾分異なっている。野球に比べ、狭い土地でも行うことができ、ボールも大きく安全性が高いため、老若男女を問わずに楽しむことができる。塁球ともいう。
世界では北アメリカのアメリカ合衆国・カナダ、オセアニアのニュージーランド、オーストラリア、パプアニューギニア、アフリカのボツワナ、そして日本などで行われている。特にアメリカ合衆国においてはレクリエーション・スポーツとして非常に一般的で、どこの街中にも(あるいは国外の米軍基地内においても)ソフトボール専用のフィールドが多数存在し、日本における軟式野球のような位置づけとして親しまれている。

ソフトボールの歴史

1887年の感謝祭の日、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにおいてジョージ・ハンコックが冬季に野球を練習するためのスポーツとして発明した。
そのため当時は"インドア・ベースボール"や"プレイグラウンドボール"と呼ばれていた。
日本における最初のソフトボールは、1921年アメリカ留学から帰国した東京高等師範学校教授 大谷武一によって、学校体操科の遊戯として紹介されたことにはじまる。

ファストピッチルール

投手は打者に対して下手投げでボールを投げる。この際、手と手首が必ず体側線を通過していなくてはならない。腕を風車のように1回転させて投げるウィンドミル投法が有名。腕を後ろに振り上げてから投げ下ろすスリングショット投法もあるが、現在ではほとんど用いられていない。

スローピッチルール

日本では主に野球に近いファストピッチルールで行われているが、アメリカではレクリエーションとして打撃を楽しむためのスローピッチルールでのゲームをすることが多い。スローピッチルールは様々な年齢層の人々がソフトボールをプレイするために様々なルール上の違いがある。以下、主なファストピッチルールとの違いを記す。
・ピッチャーの投げる投球は山なりで1.5m - 3.0mの高さ(日本ソフトボール協会の場合)でなければならず、ウインドミル投法は禁止
・2ストライク後のファウルは三振扱いでアウトになる
・バント、盗塁、スライディング、ホームでのクロスプレーは禁止
・ワイルドピッチ、パスボールでも走者は進塁できない
・敬遠はボールを投げなくても審判にその旨を伝えればよい
・デッドボールになっても、一塁に進むことができない
・二塁、三塁も一塁と同様に駆け抜けてもオーバーランにはならない
・守備はファストピッチルールの9人に1人を加えた10人で行い、ショートフィルダーと呼ばれる10人目の選手は、どこを守ってもよい

野球との代表的な相違点

投手板はあるがマウンドはなく、ピッチャーズサークル内も他のグラウンドと同じく平坦である。
フィールドの形状は四分円が原則とされる。そのため、本塁から外野フェンスまでの距離はどこをとっても均一となる。また、芝は通常外野のみに敷かれ、内野部分は土のグラウンドが一般的である。
塁間は18.29m(60フィート)で、野球の三分の二の距離である。また外野フェンスまでの最低距離も女子67.06m(220フィート)、男子76.26m(250フィート)と短めになっている。
一塁ベースはダブルベースと呼ばれる白色ベースとオレンジ色のベースがくっついたものであり、両方とも同じ大きさの物を用いる。このダブルベースの置き方は、白色ベースが内側、オレンジ色のベースが外側で、一塁線をまたぐように置く。基本的に野手は白色、打者走者はオレンジ色のベースを使用する。ただし、走者は白色ベースを使用しなければならない。打者が打撃後、一塁で最初のプレイが行われる場合、打者走者は一塁上のクロスプレーによる野手との接触を避けるため、ファウルラインの外側に設けられたオレンジ色のベースを踏む。一塁を通過して次の塁に進塁する場合などは白色ベースを使用してもよい。
投球は、ウインドミルやスリングショット、エイトフィギュアのいずれかの下手投げで行う。この際、肘と手首が体側を通過しなければならない。腕の回転は2回以上回転させるとイリーガルピッチとなる。
球種にも野球と異なる点があり、ライズボールという下から浮き上がる変化球がある。また、反対に落ちるボールはドロップボールと呼ばれる。基本的にソフトボールの投球にはストレートという球種はなく、ライズ系のファストボール、ドロップ系のファストボールといった具合に呼ばれている。
野球のボールデッド、インプレイに加えて、ディレードデッドボールという一種のアドバンテージルールがある。
ピッチャーが打者への投球でボールをリリースする瞬間より前に離塁をするとその走者はアウトとなり、その時の投球以降のプレーはすべて無効となる。基本的に投手がピッチャーズサークル(投手板の中心を基準にして半径2.44mの円)内に球を持って入っている場合は走者は離塁できない。
イニングは7回制で行う。7回の裏終了時点で決着がつかない場合、8回からは無死二塁の状態から始まるタイブレーカーを用いた延長戦を行う。その際二塁走者は前のイニングで最後に打撃を完了した選手が入る(この際、二塁走者に代走を起用しても差し支えない)。
スターティングメンバーのみ、一度交代し試合から退いた後も、もう一回のみ再び同じ打順に復帰することができるリエントリー制度がある。そのため、試合の序盤から代走が起用される事も珍しくない。
NPBのパシフィック・リーグ、MLBのアメリカン・リーグなどで採用されているDH制を発展させた形で、DP(Designated Player=指名選手)というルールがある。
打撃を専門に行うDPと、DPの守備だけを代わりに行うDEFO(DEFence Only)をスターティングメンバーに入れる事ができ、その場合は10名で試合を行うことになる。
DPを使うか使わないかは任意であるが、スターティングメンバーにDPを使わなかった場合、試合途中からDPを使うことはできない。
DEFOの守備位置に制限はなく、どの守備位置につかせてもよい。
DP・DEFOの選手にもリエントリーが認められる。
DPの選手はいつでもDEFOの選手の守備も兼ねることが出来る。また、DEFOの選手はいつでもDPの選手の打撃を兼ねることが出来る。
DPの選手とDEFOの選手が完全に入れ替わり、DPだった選手が守備のみを、DEFOだった選手が打撃のみを行うことはできない。
DEFO以外の選手の守備をDPが兼務した場合、その選手は打撃だけを行い試合から退くことはない(ただしDEFOの守備を兼務した場合はDEFOは試合から退く)。
DEFOという呼称は2006年から国際(ISF)ルールではフレックスプレイヤー(Flex Player)と改められた。
日本の女子選手はヘッドスライディングを用いることが多い。